米国生活紀行 Niagara 編

2005年09月04日

国境を越えた?

 アメリカへ語学留学に行く私にとって、アメリカ以外の国へ行くなんて事は、日本国旗 を発つ前には想像もしてなかった。アメリカへ渡ってからも、ビザの関係(私のは学生ビザ)で、親族に不幸がある等の特別な事情が無い限り、一度アメリカを出国すると戻って来ることができないダメ と聞いていたので、アメリカ国外へ出る時は帰国する時飛行機 だと思っていた。そんな折、語学学校の校長の許可まる があればカナダへ行けることを知りキラキラ、私たちのナイアガラの旅計画が始まり朝日、 それを実現させたのが2年前だった。太陽

5a7e714a.jpg


 特に島国で育った私達日本人にとって、陸路で国境を越える瞬間というものは、本当に緊張した汗 のを覚えている。私達5人のメンバーでレンタカーを借り自動車、 フィラデルフィアから、10時間以上かけてやっとたどり着いた困った ナイアガラの滝。もちろん、カナダへ行かなくてもナイアガラの滝は観賞できるのだが、カナダ側から見た滝はすばらしいと聞いていたので、カナダのモーテルも予約をしたし手紙、ナイアガラを満喫するつもりで来た。ものものしい警備に(同時テロ後)注意、国境を無事越えられなかったらと、一同不安になり、一瞬沈黙が車内に漂ったことも忘れられない。まして、ここナイアガラへの国境が、一本の橋であったから。そう、橋の向こうがカナダだった。
 
50b30322.jpg


 【写真の左側がカナダ、右側がアメリカです。川を隔てて国境を接してます。】
 【スカイロンタワーからの写真です。】

a0b501e1.jpg


 【この写真が、何度かブログに出てきたスカイロンタワー。ここからの眺望は、アメリカがいかに広いかを実感できます。びっくり

 なんとか無事国境を越え、カナダに着くと本当にそこは素敵な場所でした。OK 苦労して来た甲斐があったと、全員が喜んでくれたのは、ナイアガラツアーを計画した私にとって、一番嬉しかったことで、今でもみんなの喜んでくれた顔を忘れられない。笑い
 ただ一つ残念だったことは、帰りの国境でトラブルがあり、足止めをくらったということ、これさえなければ、完璧なツアーだったと自負しているのだが。ツアー参加者が実際にこのブログを読んだときにどう想うかは、彼らにまかせるとして。。。

 2003年8月30日、31日  ナイアガラの滝ツアーにて撮影。

at 23:06|Permalink

2005年08月28日

自然と人工のコラボレーション

 人間が自然の前では、いかに小さな存在であるのかを知った旅行に参加して、はや2年の歳月が過ぎようとしております。8月も終わりに近づくと、ナイアガラの滝のことをいつも思い出します。残暑厳しい中、涼を求めてナイアガラの話題にいたします。

 ナイアガラの滝の良さは、何でも2度楽しめるところだと思う。アメリカ側から見る⇔カナダ側から見る。陸、空から見る⇔川から見る。アメリカ滝を見る⇔カナダ滝を見る。昼の滝を見る⇔夜の滝を見る。のようにたくさんの違った角度から楽しめる。アメリカ滝と、カナダ滝については、前に記事にしたので、そちらを参照していただくとして、今回は、昼と夜の滝について記事にしたい。
 昼のナイアガラの滝で、自然の凄さを堪能していただき、夜は人間の知恵というか、技術を堪能していただきたい。ほぼ同じ場所で撮った2枚の写真をご覧ください。

 まずは、昼の滝。
732a2fcf.jpg

 
 そして夜。
2deb9f24.jpg

 
 美しい滝に、人間の技術をコラボレートさせる発想が、いかにもアメリカらしくていい。(日本だと、自然そのものは、人の手がかかっていないからいいんだ。って言われそうだけど。)
 基本的には、私も自然のままを鑑賞することを好みますが、滝自体の形や、質を人工的に変えるのではなく、いろんな色でライトアップするだけ、また見た目も素敵なのでこれぐらいのコラボレーションは良いと感じる。
 
 最後に、今こうしてブログに綴っている間でも、滝の水は変わることなく、流れ続けているという自然の凄さと、何百、何千年も前から流れ続けているという事実は、諸行無常というものを感じずにはいられませんでした。
 儚いものであるからこそ美しい。。。

 2003年8月30日 ナイアガラにて撮影。

at 11:36|Permalink

2003年08月31日

塔からのナイアガラの滝

79ec3feb.JPG
スカイロンタワーという高い塔からのナイアガラの滝の眺め。最高でしょ?

at 22:54|Permalink

2003年08月30日

ナイアガラの滝 蹄鉄滝

ec66f80f.JPG
こちらは、カナダ滝、別名蹄鉄滝。形が蹄鉄に似ているから。ホースシューフォールズって言ったほうがやっぱかっこいい。小さく見えるのはボートです。霧の乙女号といいます。そのボートに乗り、滝に近づいたときは、雨のようで凄かった。

at 14:31|Permalink

ナイアガラの滝

e1de6257.JPG
自然の雄大さを実感した場所。今までに見た滝で一番感動しました。ナイアガラの滝は、アメリカ滝とカナダ滝に分かれている。こちらは、アメリカ滝の写真。

at 14:28|Permalink