2005年06月

2005年06月26日

旅行計画

61756449.jpg

   ボストンは、前にブログに書いたように、歴史の港町です。ボート この写真は、フリーダム・トレイルの看板で、赤い線を辿ると、主な歴史にかかわる史跡などを、もれなく見学することができるようになっております。(なんて親切。)拍手 しかも、実際に道路も赤い線が引かれてあり、ほとんど一本道。街自体もそんなに広くないので、2日間あれば、ほとんどの名所は見ることができます。ホエールウオッチングを計画に入れれば、3日間は最低必要だと思います。クジラ

   私は、1年間の語学留学生活中に、週末の2日間を利用してよく旅行をしました。旅行前には必ず計画を立てて、訪れる場所、ご飯を食べる場所まで、紙に書いて、地図を見ながらイメージトレーニングをして、現地を訪問しておりました。もちろん、計画通りにいかないことも多いのですが(それだから旅は楽しい。)、その綿密な計画のおかげで、2日間という短い旅行も、いつも時間を有効に使うことができたと思います。OK

   私の写真を見てお気づきかも知れませんが、私個人が写っている写真が無いんです。無いと言えば語弊がありますが、実はアメリカでの旅行は、ほとんど一人旅なのです。友達がいなかったわけではないのですが、誰も私の旅行についてこれないと思って誘わないんです。公共交通機関と、徒歩で様々な場所を時間を無駄にせず、効率よく回ります。いつも10kmぐらいは平気で歩きます。足跡 だからとにかくハードなのです。落ち込み 
   いつも肉体的にはすごく疲れてホテルに戻りますが、困った 計画通りに巡れたという満足感で、精神的にはスッキリしていました。まる
   
   旅から離れてはや一年が過ぎ、そんな旅をしたいと思う今日この頃でございます。

   2003年8月2日 ボストン市内にて撮影


at 22:08|Permalink 米国生活紀行 Boston 編 

2005年06月21日

501?

4faa9655.jpg


 私は高校生の頃から、リーバイスの501を愛用しており、今でもジーンズといえば、リーバイスと決めているほど、リーバイスが大好きです。そんな私に、サンフランシスコ(以降シスコと略)の地図は、リーバイスの本社があることを教えてくれました。この写真が、リーバイスの本社ビルです。私にとって、本社への訪問は、聖地巡礼みたいなものでとても感動したことを覚えております。また本社ビルの入り口には、会社の歴史や、商品のディスプレーがあり、とてもおしゃれな本社ビルでした。ビル

74776608.jpg


 2004年4月20日 リーバイストラウス社 本社ビルにて撮影

at 20:41|Permalink 米国生活紀行 S.F.編 

2005年06月11日

巨大ロブスターを食す。

18c8f113.jpg

 
  2日間ボストンに滞在して、7杯食べたクラムチャウダーと共に、もう一つのボストン名物ロブスターをいただきました。おいしかったなぁ。今この写真見ても、よだれが出そうになります。料理
  
  
478e31dd.jpg

  
  ロブスターをいただく前には、こうやって食べ方のレクチャーもしてくれるんです。このロブスターを食すイベントは、ホエールウオッチングツアーの中に組み込まれてました。鯨も運良く見ることができたし、こうやっておいしいロブスターを食べることができて本当に幸せなボストンツアーでした。。。拍手

  2003年8月3日 ボストン近郊のグロチェスターにて、ホエールウオッチング後に撮影。

at 23:08|Permalink 米国生活紀行 Food 編 

2005年06月07日

ニューヨークの名物

 
b24f8912.jpg


   ニューヨークの名物のひとつは、イエローキャブ。5回もNYに行きましたが、初めて行った時の1回だけ拾いました。 私は専ら、もうひとつの名物のメトロ(地下鉄)電車を使って、NY中を歩き回りました。足跡

  イエローキャブ(以下キャブと略)を見てびっくりすることは、いろんな国籍の人が運転手さんであること。びっくり キャブを拾って驚くことは、英語を流暢に喋れるドライバーではないこと。困った これらが、名物たるゆえんです。(最後に本当の意味での名物の由来をお教えしましょう。)ダッシュ
  ニューヨークのストリートは、東西に分かれていて、人名、地名の名前と、番号がつけられています。だから、ストリート名と、番号名を覚えていれば、英語なんて喋らなくてもドライバーをやれるんです。 もちろん、お客様としてキャブを拾ったときも、英語を流暢に操る必要はないんです。笑顔

  ニューヨークを訪れたら、話の種に一度はキャブを拾ってみてください。
とても面白い体験をすることができますよ。 平地を走っていても、ジェットコースターより怖いですから。。。汗

  2003年6月22日 ニューヨークにて、キャブを降りた直後に撮影。

 

at 23:28|Permalink 米国生活紀行 N.Y. 編