2006年02月04日

愛校精神?(PIER39 Finale)

キラキラ Previously On My Blog. キラキラ

 信じられない数のオットセイの光景びっくり をあとにした私は、さらにPIER39の散策を続けた。走る

1c0b27cb.jpg


 これが、PIER39のメインストリート、両サイドにいろいろなショップが立ち並んでいる。家

df200601.jpg


 アメリカではどこの商業施設に行っても、スポーツグッズテニス の店は欠かせない。それだけスポーツがエンターテーメントとしてみんなに親しまれているからで、地域密着というか、自分が住んでいる地域のチームが、プレイオフに進んだ時は、街をあげて応援します。熱い国ですよね。炎

 さらに散策を続けていると、PIER39で、これぞアメリカっていうショップ家 を見つけたので、記事にしたいと思います。メモ

1ce71c25.jpg


 アメリカの人々は、カレッジ(大学)への愛校精神ハート ってのが日本人のそれと比べて、はるかに高いんです。その証拠がこのショップクラッカー だと思います。このショップは、大学名のロゴが入ったジャンバー、パーカー、スェット、帽子など、アメリカ全土の大学のグッズを、この店で買うことができるのです。拍手 日本では、絶対ありえないですよね。また、自分の母校や、自分が住んでいる地域の大学の帽子や、パーカーを、年配の方が買って着ているんです。そんな地元を応援するその精神っていうか、愛校精神っていうか、そんな熱い炎 思いってなんかいいですよね。それが、有名な愛国精神(パトリオティズム)につながっているんだと、私は考えています。
 いかにアメリカ人が愛国精神を持っているかは、アメリカに滞在していれば1週間もしないうちに体験できます。アメリカの歴史にの始まりに、愛国精神は欠かせないから、仕方はないのですが。。。

 ちなみに、ミーハーの私もここで、大学のロゴが入った帽子を買いました。にっこり  

 長々と記事にさせていただきましたが、今回でPIER39のお話は、終わりにしたいと思います。サンフランシスコへ観光に行ったときには、PIER39の散策をお忘れなく。。。

 2004年4月19日 サンフランシスコ PIER39にて撮影

 キラキラ Fin. キラキラ


 



at 21:45|Permalink 米国生活紀行 S.F.編 

2006年01月27日

日向ぼっこ!(PIER39 Episode 3)

キラキラ Previously On My Blog キラキラ

 カニを満喫し料理、レストランをあとにした私は、信じられないような光景を発見しました。困った

525945d7.jpg


 オットセイが、気持ちよさそうに日向ぼっこ太陽 しているんだけど。こんなにたくさんいるなんて。びっくり
 すごいんですよ数が、それと人間を見ても驚かないんです。注意 もう慣れちゃっているんです。近くに寄って見てみました。クラッカー

527d714f.jpg


 あとから知ったのですが、このオットセイたちも、今ではPIER39の名物になっているらしいのです。拍手 それにしても、他のオットセイの体で、人間マクラならぬオットセイマクラで、気持ちよさそうに寝ているZZZ オットセイ君たちが、何頭かいるのが可愛らしいラブ のですが。。。 海 大波 が汚かったので、オットセイ君達に同情悲しい しちゃった私でした。

 まだまだPIER39の散策は続く。走る

 2004年4月19日 サンフランシスコ PIER39にて撮影

キラキラ To Be Continued....... キラキラ


at 23:43|Permalink 米国生活紀行 S.F.編 

2006年01月26日

PIER 39でランチ!(PIER39 Episode 2)

キラキラ Previously On My Blog キラキラ

 全米第3位のアトラクションPIER39を徘徊していたときに、行列のできているレストランを見つけた。びっくり

  
a08593b1.jpg


 かなり賑わっているようだ笑顔、おのぼりさんは、賑わいだけで、おいしい店と決め付けて、ランチを求めていざ店内へ。走る

 
a9736e93.jpg


 んっっ。注意 なにやらメニューらしきものが、私を出迎えてくれた。散髪
 アメリカには日本のレストランの入り口にあるようなロウでできた、食べ物のサンプルみたいなものはない。そういえば、どこに行っても見つけられなかった。アメリカ人には、そういう習慣はないのだろう。そんな人たちが日本へ来て、レストランに行ったときには驚く雷 だろうなぁと思いながら、ふとメニューを見る。どんな物があるかより、日本語国旗 メニューございます。って言う文字が気になる。意地でも日本語メニューなんか読んでやるかと意気込んで店内へ。足跡

 メニューをじっくり読んで、もちろん英語Ver.結局決めたのが、カニの料理。電球 本日のスペシャルってのを注文。どこがスペシャルなのか、チェックしようと思って。ウインク

21e793b5.jpg


 最初見たときには、ミネストローネスープに、カニ&ムール貝って感じだったので、なんだかぱっとしないなぁと思ったらショック、これがまた絶品。おいしゅうございますって思わず呟いちゃいました。譜面 ビールも飲んで乾杯 お腹一杯になった私は大満足。

 店を出た私に信じられない光景が。。。

 2004年4月19日 サンフランシスコ PIER39にて撮影

キラキラ To Be Continued, , , , , キラキラ




at 22:51|Permalink 米国生活紀行 Food 編